日本は先行投資でベトナム人技術者の育成に努める企業が目立っている

ベトナム人材

ベトナム人技術者の日本への人材紹介の現状

東日本大震災が起こってから数年間で、日本に来るベトナム人技術者が増えているという話です。ベトナムは発展途上国ですので、海外へ出たいと思う人が多いことは自然な話です。そして、どこの国に行くかを選ぶときに同じアジア圏内にあり、有数の先進国である日本を選ぶベトナム人技術者が多いことも容易に想像できます。さらに東日本大震災への日本人の対応が素晴らしいことから、日本に行ってみたいと思う、ベトナム人技術者が多いという話もあります。これは海外全般に震災時の日本人の対応は、良い意味での衝撃を与えているのですが、特にベトナムの人たちには大きい影響だったようです。
こうして、日本でのベトナム人技術者の人材紹介は発達の一途を辿っています。それからベトナム国内での状況も関係しています。今のベトナム国内ではインフラの整備がまだまだ進んでいません。そのための人材が多く必要とされています。しかし、ベトナムの大学を出ても就職できない若者が大勢います。これはベトナムの企業が人材を必要としながらも、人材教育の環境が整っていない状況があります。そして、日本では海外留学生などへの日本語教育や技術を教える環境が充実しています。日本語と仕事の技術を覚えれば、日本の企業がすぐに採用してくれます。
こうした背景から、日本でのベトナム人技術者の人材紹介の現状が見えてきます。

日本でもベトナム人技術者の育成に努めています

工業国として発展せんとしているベトナムでは、有能な人材を持つ社会人や実習生を積極的に日本などの先進国に派遣しています。日本やアメリカなどの先進国ではGDPが高いので、先進国に派遣され、充実した待遇の恩恵を受けながら生活するベトナム人技術者も多いです。日本やアメリカで活躍する為に企業が母国語を使える教育を行い、職場での人間関係の形成の仕方や現地での暮らし方を学んでいる人も多いです。現場に派遣された時に技能を高める研修を行うことや、業務に関するモチベーションを上げる為の講習を充実させている会社が増えました。海外の国々で働く人との良好な人間関係の築き方を習得したり、適性のある仕事を紹介したり、自分の持ち前の能力を現場で発揮させる研修を行う企業が増えていて、ベトナム人技術者が会社にメリットをもたらしています。
人手不足に悩んでいる会社は人材を補填するなどの対策を考えながら、その場凌ぎの受け入れを行うばかりではなくて、人材育成にも力を入れています。単なる労働力としてベトナム人技術者を派遣して現場で使わないで、個性を発揮させながら各々の現場で活躍させている事を重視している企業が増えました。将来的に企業にメリットをもたらす事を考慮して、先行的な投資の意味合いで人材育成に努める企業が目立っています。

IT関連へのベトナム人技術者の人材派遣

最近、IT関連でのベトナム人技術者の人材派遣が注目されているようです。しかし、これについては注目される前から、すでに日本のIT業界では活躍しているベトナム人技術者が多くいます。
近年はスマホが多く普及していますが、そのアプリを開発するエンジニアが活躍することが多いです。その中にはベトナム人技術者が多くいるということです。日本のIT業界に派遣されてきたベトナム人技術者の特徴としては、働く期間が長いことが挙げられます。平均の数字では2年ほどの勤務期間のようですが、何年も日本で働いているベトナム人技術者は多いそうです。そのため日本語が喋れるようになり、日本人との意思疎通もスムーズで仕事も円滑に進むようです。これは、ベトナム人は勤勉であるという特徴から、日本語の習得に労を惜しまないことが言えるかもしれません。
そして、この気質は日本人に近いものがあり、日本人との相性が良いと言えますので、仕事にも良い影響が出るのでしょう。もちろんベトナム人に元々、優秀な人材が多いことも見逃せません。これについては、ベトナムではIT関係の学問を教えている大学が豊富にあることも影響しています。ベトナムの大学は日本と同じく四年制ですが、中には五年かけて教える大学もあります。そして、そうした大学を出てきたベトナム人技術者は、すでに日本のIT企業で即戦力となる能力を持っていることが多いのです。

おすすめ記事

IT業界におけるベトナム人の人材派遣

現在、IT業界において注目を集めている国があります。それはベトナムです。実は日本の多くのIT企業はベトナムでオフショア開発を行っています。オフショア開発とはいったい何でしょうか。簡単に言うと、オフショア開発とは情報…

»readmore

ベトナム人k技術者の派遣と意思疎通のメリット

昨今では、外国人の雇用を考える企業も増加傾向にあります。特にエンジニアの業界などでは、その傾向が顕著です。外国人を雇用するメリットとして、よく人件費がクローズアップされます。確かに日本人と比べると、人件費を抑えられ…

»readmore

ベトナム人技術者は建設業界で活躍しています

高度経済成長期に建設された水道や橋、トンネルなどの老朽化が進み、今日本各地で補強工事や補修工事が行われています。工事しなければいけない件数も多く、今日本の建設業界では人手が不足しています。これに加えて、2020年に…

»readmore

TOP